カードローンの借入額と年収

借入をするには安定した収入が無ければなりません。いずれ返済をしなければならないので当然ですよね。カードローンもご多分に漏れず収入と密接な関係を持っています。特に消費者金融系は年収が大きく関係しているのです。これは、総量規制と言う法律ができたため借り入れは年収によって制限されるようになったためです。


<総量規制によって年収の3分の1しか借りれない>

総量規制と言う法律ではその人の年収の3分の1以上の貸し付けは禁止しています。特にこの法律の適用を受けるのが消費者金融が発行しているカードローンになります。そのため、消費者金融系では3分の1以上の借入を行う事は不可能となっているのですね。また、この総量規制の適用もあり専業主婦のような収入が無いという人は消費者金融系の借入を受けることはできなくなっています。


<総量規制の適用を受けないカードローンもあるが審査は厳しい>

総量規制の適用を受けないカードローンもあります。銀行が発行しているサービスは総量規制の適用を受けません。しかし、結局銀行系も審査も消費者金融よりも厳しい傾向にあり、契約することさえ難しいかもしれません。結局、カードローンでもある程度の多額の金額を借りるにはその人の収入証明書が必要となり、年収がある程度高くて安定しているに越したことは無いのです。

This entry was posted in カードローンコラム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.