高い金利のカードローンがある理由

高金利のカードローンがあります。わざわざ、高い利子を好んで選ぶ方はいません。なぜ、このような商品を提供しているのでしょう。それにはしっかりとした理由があります。どの業界でも顧客の住み分けが成されているという仕組みです。


<高い金利とは?>

高金利の金融機関といっても、あくまでも法律で決められた範囲以内でしか利子は決められません。それ以上の機関については、ここで語るような話ではないでしょう。つまり高い金利とは、法律の基準ギリギリで出されているプランのことです。主に消費者金融系が多いかもしれません。


<高金利の利点>

それはカンタンです。融資の基準になる設定が低くなっています。もちろん、誰でも借り入れができるカードローンではありません。それなりの基準があります。それでも、他の低金利にくらべれば、容易に借り入れができるようになっていて、低金利のカードローンを利用できない方の受け皿として活用されているのが現状です。住み分けという意味が理解できたでしょうか。高金利にはそのような理由があり、ひとつのサービスとして成り立っています。低金利の金融機関も、高金利の金融機関も一長一短といったところでしょうか。最終的には自分が融資の基準を満たしているかと、借り入れの用途に合わせて、上手な利用を考えることだと思います。

This entry was posted in カードローンコラム. Bookmark the permalink.

Comments are closed.